魂の虹 古き良きもの  その2
FC2ブログ










 【 古き良きもの  その2】
【2007/12/29 11:46 】
古き良きを引き出(い)だし 思いかじる



人生の節目節目に、さまざまな行事を執り行ってこられたことでしょう。

誕生・成人・長寿などそれぞれの成長過程を祝いつつ

自分たちの祖先に深く感謝し、代々の繁栄を祈念されたと思います。


初詣で神社に行かれる方も多いと思います。

2度礼をし、ポンポンと2度手を打ち、最後に1礼。

この拍手の意味するところは、

拍手は魂振り(たまふり)といわれ、立てる音で神様を招き寄せて

お互いの魂を振り動かすという神がかりの祝福の方法だそうです。


晴れやかな正月行事や、祖先供養を目的とするお盆やお彼岸など、

いまある自分たちの拠り所を確認し、感謝する行事も大切に

守り継いでいきたいものですね。


豊かな人生観の表れでもある伝統的なしきたりの多くが

忘れられつつあるように思います。


門松は何の為にたてるのか?しめ飾りするわけは?鏡餅の意味は?

あなたはご存知ですか・・・・・                       祈


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)












<< 思いこめて  | ホーム |  古き良きもの >>






コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する




| ホーム |